再生医療研究の研究上の不備

再生医療に関する研究は花形の研究だと思います。ノーベル賞を受賞された山中教授を初めとして、多くの科学者が研究をしている分野で、世の中的にも注目されている分野だと思います。この再生医療研究に関するところで思うのは、研究の倫理の問題です。まだまだ記憶に新しいところで、小保方先生の研究の手法について問題が起こり、結局その研究はまぼろしと終わってしまいました。実際には、私は科学者ではありませんので、よくわかりませんが、どこかで研究手法の誤りがあって、あのような結果を大々的に発表してしまったのでしょう。期待されている研究であったがゆえに、小保方さんは、博士の学位も奪われただけではなく、人格まで否定されるような結果に至ったことは、大変残念な出来事だったと思います。それだけではなく、山中教授が関わってらっしゃる研究所でも、研究上の不正行為があったということで、山中先生がひどく責任を感じられているということもありました。研究結果を急ぐがあまり、期待が大きいあまり、いろいろな研究上の不備がおこる恐れがあるんだろうと思っていますが、期待される分野だけに、きちんとした研究結果が発表されることを願っています。