美容再生医療について感じる事

私は美容の再生医療に大変興味があります。というのもお化粧品の成分を浸透させたり、点滴、注射等で直接身体に取り込んで行く方法による副作用が気になる為です。美容の再生医療ではPRP治療という、自己血小板を使用したアンチエイジングがありますが、メリットはまず安全である事。そして、理論上は何回受けても副作用もなく、徐々にお肌の細胞が若返って行くので、リフトアップ等の引きつったような不自然な若返り方ではない、自然なアンチエイジングが可能だという事です。また、顔だけでなく、年齢の出やすい首元や手の甲等にも注入可能なので、とても期待ができます。ただ、イメージとしてはやはり劇的な効果は出ないのかなという点です。もちろん回数を重ねれば、目に見えた効果も感じられるのかもしれませんが、即効性のある治療でもないので、1回受けただけではあまり効果を感じられないんじゃないかと思っています。それでも副作用なしに自分の血液がアンチエイジングの薬になるのは本当に素晴らしい夢のような技術だなと思っています。最近は再生医療というのが当たり前になってきました。ひと昔前までは再生医療はまだ到底実現不可能というイメージがありました。ですが最近は自分の細胞を培養して再生した部位を使って再生させるのが現実になってきました。それはやはり他人の臓器を使って手術をしても拒絶反応が出て上手くいかない事が多くて苦しむ人がいたから発達したと言っても過言ではないです。ですから今後はさらに再生医療の技術が進歩してさらに多くの場面で再生医療がいろんな医療の現場で使われていくと思います。それぐらい今の時代は再生医療が当たり前になってきたと言えます。ただ実際に再生医療が可能になったと言ってもまだ再生医療が簡単にできるよういなったとは言えないです。なので今はまだ再生医療が現実になったという程度で誰でも再生医療で治療ができるようになったという感じでないです。でも今のペースでいけばそのうち再生医療が当たり前に行われるようになるとは思っています。

住宅リフォーム総合情報お家の見直ししま専科ダイエットチャレンジAGAでお悩み解決内職 アルバイト英語上達の秘訣クリニック集客ノウハウ健康に役立つ口コミ情報女性向けエステ.com