後遺症で認知障害を生じて

夫の父親は脳梗塞の後遺症でさまざまな障害を持つことになりましたが、その内科を話題の芦屋で認知障害もその一つとして起こりました。いわゆる脳血管性の認知症です。
以前、とある先生の講演会に参加したとき、認知症になったけど身体障碍がないのがよいか、寝たきりになったけど認知症がない方がよいか、と究極の選択を尋ねられたことがありますけど、そのとき、話題の薄毛治療は大阪でAGAの私は認知症で身体は不自由ない方を選んだと思います。しかし、そのときの先生のコメントは、結論は一緒だ、ということでした。認知症になると、結局のところ、引きこもりになり、やがて身体機能は落ちる、芦屋の消化器内科を寝たきりになって刺激がないと認知症を発症する、結局一緒だと。
夫の父親はまさに脳梗塞の後遺症で身体障碍と言語障害、嚥下障害を持ったことによって、最初はもう少しクリアだった認知レベルがどんどん低下していきました。リハビリテーションをしているのにも関わらず、です。最後は夫の母親すら認識できていたかどうかわかりません。工務店ならアネストが羽村では評判に一番気の毒だな、と思ったのは、本人よりも、かいがいしく世話をしている夫の母親だな、と思いました。