再生医療は自分の細胞なので拒否反応が起きない

再生医療と言うとどんな治療を行うことができるのかと、とても期待をします。その発見は、医療の発展にはなくてはならないものとなるのでしょう。そのひとつに、自分の使えなくなった臓器などを、再生させることができるのは夢のようなことではないでしょうか。今までは、薬に頼ったり、別の人のものを移植するなどということが行われてきたのです。しかしそのような場合は、薬の場合は辛い副作用がありますね。その副作用のために、治療をすることが嫌になるということも多いのです。また移植をする場合も拒否反応が怖いです。移植をする手術が成功したとしても、その後に自分の内臓として動いてくれるのか、正常に働いてくれるのかわからないのです。そんな時、自分の細胞を移植することができると、その後の心配もぐっと楽になるのではないでしょうか。自分の体で病気を治すという、そんなとても心強さも感じることができます。自分の気持ちも強くなれるように思います。